メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旅するカモメ

ボーダーツーリズム 中露国境/下 紛争の島が観光地に

中国領となった黒瞎子島の西側に建てられた展望塔=花松泰倫さん撮影影

 19世紀には帝政ロシアと清が対峙(たいじ)し、後にソ連と中華人民共和国(日本敗戦までは一時「満州国」)に引き継がれた中露国境。長年、緊張と紛争で満ちあふれていました。1969年春、核戦争にもなりかねなかったウスリー川の中州、珍宝島(ロシア名・ダマンスキー島)での軍事衝突を覚えている方もいるでしょう。

 ところが2004年、この衝突の引き金ともいえる係争地・黒瞎子(ヘイシャーズ)島(ハバロフスク近郊の…

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです