メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

ちいさな独裁者 制服が引き出す心の闇 今に通じる権力の寓話

 権力とは何か。人は何をもって、他の人に対して力を振るうのか。ずいぶん面倒なお話になりますが、この映画は恐ろしいほど単純な答えを与えています。それは、権力とは制服だ、というもの。権力が絶対的であればあるほど、制服を身につけたら何だってやりたいほうだい。そんな無茶(むちゃ)なと思うところですが、これはナチス将校の制服を見つけた脱走兵が横暴を繰り返した実話に基づく作品です。

 第二次世界大戦末期、すでにドイツは各地で敗走を続け、脱走兵も数多い。そんな一人のヘロルトは脱走を続…

この記事は有料記事です。

残り1434文字(全文1670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです