メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

瀬戸康史

「まんぷく」神部の“萬平愛”“萬平ファースト”語る 塩軍団への思いも…

NHK連続テレビ小説「まんぷく」に神部茂役で出演している瀬戸康史さん(C)NHK

 女優の安藤サクラさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」に神部茂役で出演している瀬戸康史さん。神部は、ヒロイン・福子(安藤さん)のめいで、香田家の長女・タカ(岸井ゆきのさん)の“争奪戦”に独り勝ちし、晴れてタカと夫婦になってからも、相も変わらず萬平(長谷川博己さん)への“好き好きオーラ”を隠さず、時としてタカとの夫婦関係をギクシャクさせてしまうほど。「タカちゃんと結婚してからも『萬平さん、どないしてるんやろ』と萬平さんのことしか考えられなくなってしまいます。そういう鈍感な部分が、人間味があるというか、神部の可愛らしいところだとは思います」と明かす瀬戸さんに神部の“萬平愛”などを語ってもらった。

“萬平ファースト”の裏にあるのは「恩」 神部にも何か発明してもらいたい?

 ここまでも“萬平愛”、“萬平ファースト”への気持ちが強すぎて、周りが見えなくなることが何度かあった神部だが、瀬戸さんは「自分が一番に萬平さんと出会い、助けられたという恩がある」と、そんな神部の気持ちを代弁する。

 演じるにあたっては「神部の場合は鈍感というか、一つのことに夢中になると周りがなかなか見えなくなるというどこか抜けているポイントがあります。そこは大事にしていますし、面白く演じられるところだと思っています」と話す瀬戸さん。

 また「萬平さんじゃないですけど、できればいつか神部にも何か発明してもらいたいです」と期待を寄せると、「発明できないにしても、福ちゃんみたいに萬平さんにヒントを与えるような言葉を伝えられればと思います。それは福ちゃんの役目かもしれませんが、これだけ萬平さんが好きなので少しぐらい役に立ちたいですよね」と笑っていた。

塩軍団との青春 「『生き抜く』ということの象徴だと思っています」

 一方、ここまでで印象に残っているシーンを聞くと「塩軍団(=たちばな塩業の男たち)が釣りをしながらみんなでお互いにこれまで生きてきたことを話す、あの夕暮れのシーンはすごく好きですね」としみじみ。

 「等身大の若者たちが、でこぼこしているけれども一つにまとまっている感じが『青春やな』ってすごく感じました。やっぱり塩軍団との思い出がまだ心に残っていて、解散のときには本当に悲しかったです」と振り返る。

 そもそも神部も塩軍団メンバーと同じく、戦争後に行き場をなくした男でもあった。「戦争が終わって家族が亡くなっているなど、それぞれ抱えている闇があるにもかかわらず、初登場のとき神部はすごくいい顔をする。だからその笑顔に闇を感じさせたくないと思いました」と明かし、「神部や塩軍団の役割は、そういう闇を乗り越えてさらに生きていくというか、『生き抜く』ということの象徴だと思っています」と思いの強さをのぞかせた。

神部&タカ夫婦「すごく初々しいです」 「茂さん」呼びには…

 神部とタカの結婚生活のことも聞いてみた。「タカちゃんと神部の夫婦は、すごく初々しいです。萬平さん、福子さん夫婦とも、克子さん(松下奈緒さん)、忠彦さん(要潤さん)夫婦とも違った、夫婦生活を営んでいくんでしょうね。結婚してからは『茂さん』って呼ばれるようになるんですが、どこかちょっと恥ずかしいし照れくさい。ぼくも『タカ』って呼ぶのが照れくさいです」と明かす。

 それでも「泥棒に入った家にまた住むという。そしてそれを受け入れてくれる香田家の皆さん、本当にすてきですよね。家具や内装は時代と共に変わっているんですが、変わらない温かさみたいなものが流れているなと思います。だから香田家で食卓を囲んで、みんなでご飯を食べているシーンなんかは、『あぁ、受け入れられたんだなぁ』と感じましたね。お母さんの克子さんが『茂さん、ご飯おかわりは?』とか聞いてくれたときにはすごくうれしかったです」と笑う。

 今後に向けては「みなさんが本当に楽しく見てくださっているのがSNSなどでもうかがい知れますし、それがすごくうれしいです。今後もいろいろなことがさらに起こっていきますので、ぜひ楽しみにしてほしいです」とアピールしていた。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  3. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  4. 青森市議、今度は盗聴疑い 議員控室内をスマホで録音
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです