メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岸井ゆきの

「まんぷく」“タカちゃん”が成田凌の“都合のいい女”に 主演映画の本予告&本ビジュアル公開

映画「愛がなんだ」の本ビジュアル(C)2019映画「愛がなんだ」製作委員会

 放送中のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」に、“タカちゃん”こと香田タカ役で出演している女優の岸井ゆきのさんが主演する映画「愛がなんだ」(今泉力哉監督、4月19日公開)の本予告映像と本ビジュアルが4日、公開された。本ビジュアルには共演の成田凌さんが岸井さんをおんぶする姿が写し出され、「全部が好き。でもなんでだろう、私は彼の恋人じゃない」というキャッチコピーが添えられている。本予告映像には、岸井さんが成田さんと髪を洗い合ったり、ベッドで足をぶつけあったりとじゃれ合うような姿と、その一方で成田さんから都合よくあしらわれる姿が映し出される。

 映画は直木賞作家の角田光代さんの同名小説が原作。28歳のOLテルコ(岸井さん)は友人の結婚パーティーで偶然出会ったマモル(成田さん)に一目ぼれ。思いを募らせたテルコは、仕事を失いかけても自分の時間のすべてをマモルにささげ、ようやくデートをする関係にまでこぎつける。夢にまでみた幸せな時間を過ごすが、2人の時間を重ねるほど突きつけられる現実は「マモルにとって、テルコは恋人ではなく、ただ都合のいい女でしかない」ということ。そのことをわかっているテルコは今の関係を保ち、嫌われないことに必死だった。

 親友の葉子(深川麻衣さん)はそんなテルコを冷たい目で見るが、一方でそんな葉子も実は、自分にとって都合の良い相手・葉子のことが大好きなナカハラ(若葉竜也さん)に、マモルと同じような態度を取っていた。そんなある日、マモルの態度が急に冷たくなり、連絡が途絶える。3カ月がたったころ、マモルから電話を受けて会いにいくと、彼の隣には年上の女性、すみれ(江口のりこさん)がいた……というストーリー。

 また、同映画の主題歌が4人組バンド「Homecomings」の「Cakes」に決定したことも発表され、本予告映像では主題歌も流れる。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. アクセル決めた!紀平、笑顔のフィニッシュで220点台
  3. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. チチロー「いつか来る日が来てしまった」 孤高の天才支えた父や妻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです