メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マゼランペンギン メスは1000キロ移動し越冬 名大チーム発見

越冬時期の生息域が判明したマゼランペンギン=依田憲教授提供

 南米アルゼンチンで繁殖する準絶滅危惧種のマゼランペンギンのメスは、越冬期には1000キロ以上離れた、人の活動が盛んな海域まで移動していることを、名古屋大の研究チームが突き止めた。メスは死んだり弱ったりして漂着する数が多いという謎の解明につながる成果。チームは繁殖地に加え、越冬地を考慮した保護対策が必要と訴えている。米科学誌「カレント・バイオロジー」(電子版)に論文が掲載された。【川瀬慎一朗】

 名大の依田憲教授(動物行動学)や山本誉士特任研究員らのチームが発見した。マゼランペンギンは2月ごろ…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文675文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです