メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マゼランペンギン メスは1000キロ移動し越冬 名大チーム発見

越冬時期の生息域が判明したマゼランペンギン=依田憲教授提供

 南米アルゼンチンで繁殖する準絶滅危惧種のマゼランペンギンのメスは、越冬期には1000キロ以上離れた、人の活動が盛んな海域まで移動していることを、名古屋大の研究チームが突き止めた。メスは死んだり弱ったりして漂着する数が多いという謎の解明につながる成果。チームは繁殖地に加え、越冬地を考慮した保護対策が必要と訴えている。米科学誌「カレント・バイオロジー」(電子版)に論文が掲載された。【川瀬慎一朗】

 名大の依田憲教授(動物行動学)や山本誉士特任研究員らのチームが発見した。マゼランペンギンは2月ごろ…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文675文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

  4. 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです