メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護職、人材確保へ躍起 イメージの悪さ払しょくへあの手この手

大阪府が制作した介護職の魅力を伝える動画の1シーン=大阪府制作の動画「私、決めた!」編より

 人材不足が深刻化している介護業界。2025年には大阪府内で3.4万人の介護職員が不足する、との試算もある。このままだと、人材難の影響が広く府民に降りかかるのは必至。人材確保の最大のネックとなっているのは、重労働や低賃金といった悪いイメージだ。府や府社会福祉協議会の取り組みを取材した。【福田隆】

 「介護についてみな関心はあるのに、自分の仕事として考えた時にあまりにイメージが悪すぎるんです」

 府福祉人材・法人指導課人材確保グループの貞末和子・総括補佐は気をもむ。2016年度の府内の介護職員は15.1万人。昨年11月の府の有効求人倍率は全産業で1.68倍だったのに対し、介護関連職種は実に5.17倍だ。最大の理由が「イメージの悪さ」だと言う。

この記事は有料記事です。

残り822文字(全文1144文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  2. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  3. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  4. 襲撃で亡くなったホームレスの生活の跡、フィルムに 長良川の橋の下 8月に写真展

  5. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです