メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護職、人材確保へ躍起 イメージの悪さ払しょくへあの手この手

大阪府が制作した介護職の魅力を伝える動画の1シーン=大阪府制作の動画「私、決めた!」編より

 人材不足が深刻化している介護業界。2025年には大阪府内で3.4万人の介護職員が不足する、との試算もある。このままだと、人材難の影響が広く府民に降りかかるのは必至。人材確保の最大のネックとなっているのは、重労働や低賃金といった悪いイメージだ。府や府社会福祉協議会の取り組みを取材した。【福田隆】

 「介護についてみな関心はあるのに、自分の仕事として考えた時にあまりにイメージが悪すぎるんです」

 府福祉人材・法人指導課人材確保グループの貞末和子・総括補佐は気をもむ。2016年度の府内の介護職員は15.1万人。昨年11月の府の有効求人倍率は全産業で1.68倍だったのに対し、介護関連職種は実に5.17倍だ。最大の理由が「イメージの悪さ」だと言う。

データで見る

 公益財団法人「介護労働安定センター」の17年度介護労働実態調査によると、回答した全国の8782事業所のうち66.6%が人手不足を訴え、うち88.5%が採用難を理由に挙げた。月給を見ると、主に施設で働く介護職員は21万1464円。中小企業の若手社員と同等かやや良い位の水準だ。離職率は主に施設で働く介護職員(正規)で14.3%。国の雇用動向調査では一般労働者(正規など)の離職率は11.6%なので、やや高いと言える。

 一方、働いている当事者はどう考えているのか。「今の職場で働き続けたい」との回答は56.9%で、前年より微増した。離職率の中身を見ると、4割の事業所が離職率10%未満で、離職率30%以上の事業所は全体の2割だった。賃金的に良くはないが、それなりに満足度が高い職場と言えそうだ。

養成校の学費補助も

 人材確保のため、府や府社協はあらゆる手を打っている。専門学校や大学など府内に24校ある介護福祉士の養成校への進学者増も、狙いの一つだ。修学費用を無利子で貸し付け、府内の施設で介護職として5年間従事すれば返還が免除される手厚い制度もある。

 しかし、全国の養成校の定員充足率は44.2%(18年度)しかない。府社協大阪福祉人材支援センターの叶井泰幸・人材担当部長は「養成校の学生に進学動機を聞くと『親が介護を受けた時、介護職の専門性の高さに感銘を受けたから』という話を聞いた。専門職としての魅力にも目を向けて欲しい」と話し、高校や保護者へのPRにも力を入れる。

 また、シングルマザーの働き先としても紹介している。ポイントは、正規採用されやすい▽シフト制により勤務時間が安定▽スキルを生かした転職が可能――などで、働きやすいよう配慮した事業所も増えているという。

 府は今年1月、介護職の魅力を伝える動画を公開し、実際に働く若者たちの肉声を発信した。貞末さんは「とにかくまずは説明会や職場訪問に参加して欲しい」と懸命だ。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人生相談 仕事で心配りできない人=回答者・光浦靖子
  2. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  3. 元プロボクサーを傷害容疑で逮捕 リモコンで殴られた男性死亡 大阪府警
  4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  5. 悪質動画 後絶たず 男子高生、集団で殴る蹴る 投稿し拡散 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです