メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一気飲み死 遺族が近大生を告訴「介抱役ら119番せず」

登森勇斗さん=両親提供

 東大阪市で2017年12月、近畿大経済学部2年の登森(ともり)勇斗さん(当時20歳)がテニスサークルの飲み会で、酒を一気飲みした後に酔いつぶれて死亡した。両親は昨年12月、他のメンバーが119番するなど適切な処置をしなかったことが原因だとして、6人を大阪府警布施署に刑事告訴。府警は告訴を受理し、保護責任者遺棄致死の疑いで捜査を始めた。

 告訴されたのは、サークル所属の3年の1人と2年の5人(いずれも学年は当時)。5人は飲み会に参加せず、会の終盤などに呼ばれて泥酔者らを介抱する役目だった。

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文728文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 関東平野部も大雪の恐れ 「不要不急の外出控えて」 国交省緊急発表

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです