メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遅咲きペア別大マラソン3位 東京パラに手応え

視覚障害男子の部で、3位でフィニッシュする山下慎治選手(左)と伴走の坂梨史典さん=大分市営陸上競技場で2019年2月3日午後2時43分、徳野仁子撮影

 3日に大分県であった第68回別府大分毎日マラソン大会で、山下慎治さん(35)=シーズアスリート、福岡市=が、自己最高を3分30秒縮める2時間43分30秒で視覚障害者の部3位に輝いた。ともにゴールした伴走者の坂梨史典さん(40)=福岡市=と山下さんは30歳でマラソンを始めた遅咲きランナー同士。ペア5年目となる2人は「東京パラを目指そう」とたたえ合った。

 山下さんは、小中高とラグビーをしていたが、高校卒業目前で視野が狭くなる網膜色素変性症と判明。スポーツは諦め、短大卒業後は事務系の仕事に就いた。しかし、2012年のロンドンパラリンピックで活躍する視覚障害者の選手に刺激され、走り出した。

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文821文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです