特集

パワーリフティング|東京パラリンピック

東京パラリンピックのパワーリフティングに関するページです。

特集一覧

全日本パラ・パワで中辻克仁が日本新記録200キロ挙げる

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子107キロ級で日本新記録となる200キロを挙げた中辻克仁=東京都八王子市の日本工学院八王子専門学校で2019年2月3日午後3時45分、高橋秀明撮影
男子107キロ級で日本新記録となる200キロを挙げた中辻克仁=東京都八王子市の日本工学院八王子専門学校で2019年2月3日午後3時45分、高橋秀明撮影

 全日本パラ・パワーリフティング国際招待選手権が3日、東京都八王子市の日本工学院八王子専門学校で行われ、男子107キロ級は中辻克仁(日鉄住金環境プラントソリューションズ)が日本新記録となる200キロの試技に成功した。男子88キロ級は昨年のアジアパラ大会銅メダリストの大堂秀樹(SMBC日興証券)が182キロを挙げて制した。

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文564文字)

あわせて読みたい

注目の特集