メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自重が裏目に 8位・園田「これも一つの経験」

33キロ付近、抜け出したラクーアヒ(右から2人目)をうかがう園田隼(左端)ら=大分市で2019年2月3日午後1時40分、徳野仁子撮影

第68回別府大分毎日マラソン大会(3日)

 8位の園田は「勝つつもりだったので残念」と顔をしかめた。先頭集団にいた35キロ手前で、海外選手らがペースを上げた際に「一気に出るより、様子を見ながら」と自重したのが裏目に出た。

     その後もスピードに乗れずじりじりと後退し、日本選手としても5位にとどまった。「これも一つの経験ととらえるしかない」と園田。今後も3月にハーフマラソン、4月にはボストン・マラソンと精力的に実戦を積む予定だ。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
    2. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
    3. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
    4. 横井、佐藤、本田が優勝 フィギュアのチャレンジ杯
    5. 駅弁「かにめし」車内販売終了へ 鉄道ファンから惜しむ声

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです