メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

福島県浜通り地域に日産のEVカーシェア「NISSAN e-シェアモビ」ふたつ目の拠点が運用開始

情報提供:カートップ

福島県浜通り地域に日産のEVカーシェア「NISSAN e-シェアモビ」ふたつ目の拠点が運用開始

片道運用開始でより身近な存在に

 日産自動車は、福島県浜通り地域に新たな「NISSAN e-シェアモビ」の拠点となる、富岡ステーション(福島県双葉郡富岡町)を開設した。昨年12月に開設した浪江駅ステーションに続き、浜通り地域ではふたつ目のステーション開設となる。これに伴い、「NISSAN e-シェアモビ」として初のワンウェイ(片道)運用もスタートする。

 NISSAN e-シェアモビは、2017年12月にスタートした、新型リーフならびにノートe-POWERを利用できるカーシェアリングサービス。福島県浜通り地域での運用は、2018年12月に一般財団法人 福島イノベーション・コースト構想推進機構の「福島イノベ交通ネットワーク実証事業業務」のプロジェクト「はまモビ」の受託に伴い、実証事業として3月31日まで実施している。

リーフ

 富岡ステーションでは、ラウンドトリップ(往復利用)とワンウェイ(片道)で各2台、計4台を運用する。使用するのは、日産リーフとなる。この富岡ステーション開設に伴い、すでに運用を開始している浪江駅ステーションのリーフ4台についても、ラウンドトリップ2台(24時間)とワンウェイ2台(5:00〜23:00)へと運用形態を変更する。

 新たに片道利用が開始されたことで、借用時とは別のステーションへ返却することが可能に。これにより、さらに利便性が高まることになる。浪江〜富岡間は、東日本大震災の影響で今もJR常磐線の不通区間となっている。NISSAN e-シェアモビにより、福島イノベ構想に関連する施設・拠点間の移動はもちろん、浜通り地域を訪れた人の移動手段としても活躍してくれそうだ。


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 交番襲撃
  3. 逮捕の男、名前以外黙秘 山中の防犯カメラに似た姿 ベンチで横たわる 交番襲撃 
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです