メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

やる気、後押し 荒磯親方始動

若手力士に立ち合いの指導をする荒磯親方(左)=東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で2019年2月4日午前9時半ごろ、飯山太郎撮影

 大相撲初場所で現役引退した元横綱・稀勢の里の荒磯親方(32)が4日、所属する田子ノ浦部屋(東京都江戸川区)で後進の指導を始めた。朝稽古(げいこ)にまわし姿で現れ、若手力士らを熱心に指導した。

 部屋は先月27日の初場所千秋楽以降、本格的な稽古は休んでおり、4日が春場所(3月10日初日、エディオンアリ…

この記事は有料記事です。

残り128文字(全文278文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 菅氏「バックアップデータは行政文書ではない」 桜を見る会名簿

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです