メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バレエ

吉田都からのメッセージ つま先が語るもの=評・斉藤希史子

公演「バレリーナ 吉田都からのメッセージ」より、「ナイチンゲールのワルツ」を踊る吉田都(左)と浅田良和=東京・文京シビックホールで2019年1月25日、写真家・瀬戸秀美撮影

 石神井バレエ・アカデミー(東京)の舞台は「吉田都からのメッセージ」と銘打った小品集。「英ロイヤルの至宝」と称されたバレリーナの精華を見せようと、吉田の恩師である同団主宰の山崎敬子・外崎芳昭が企画した。秋元康臣ら今を盛りの精鋭たちも、所属の枠を超えて集結。客席には、バレエを学ぶ少女の姿も目立った。つまり、4世代が一堂に会する公演。その中心で、吉田が圧倒的な輝きを放った。

 出演は浅田良和と組んでの2作。山崎の心利いた振り付けによる「ナイチンゲールのワルツ」=写真家・瀬戸…

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです