メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日コリアン1世作文集

学ぶ喜び、文字にのせ 「ハルモニ」おばあさんたちの思い 川崎の16人が出版

完成した本を手渡す康潤伊さん(左)=川崎市のふれあい館で2019年1月16日(大八木宏武さん提供)

 時代に翻弄(ほんろう)され、学ぶ機会に恵まれなかった在日コリアン1世のおばあさん「ハルモニ」たちの作文集「わたしもじだいのいちぶです」(日本評論社)が出版された。編集した同社の吉田守伸さん(27)は「ハルモニたちの言葉には人の心を動かすパワーがある。これまで在日コリアンや日系移民の方々と出会ったことがなく、歴史もよく知らないという人に読んでもらいたい」と話している。【道永竜命】

 作文を執筆したのは戦前から在日コリアンが多く住む川崎市の桜本地区の16人。地区にある「ふれあい館」…

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文891文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  3. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです