メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

地方動物園の挑戦

 動物は痛みや苦しみを訴えることができないから、動物園では採血や体重測定といった健康診断が欠かせない。多くの動物園はそれを麻酔でおとなしくさせてやっていた。だが動物のためとはいえ、麻酔にはリスクがある。

 そこで福岡県大牟田市の市動物園は5年前から、動物たちに“協力”してもらうことで麻酔なしに健康診断を受けられるようにする訓練を始めた。まず飼育員に近づけるようになる…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです