メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

三陸鉄道再構築、実施計画を認定 国交省 /岩手

 国土交通省は1月31日、東日本大震災で被災した県沿岸部の第三セクター三陸鉄道(宮古市)や沿線などの自治体が申請していた鉄道事業再構築実施計画を認定した。事業継続が困難な鉄道会社を対象としたもので、国は固定資産税の軽減などで再建支援する。津波で被災したJR山田線(宮古-釜石)の三鉄への移管も正式に許可した。

 3月23日に移管後、久慈-盛間の163キロが結ばれ、全線を「リアス線」と改称して開通する。三鉄の中…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 社説 天皇陛下の沖縄訪問 寄せ続けた深いお気持ち

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです