メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

斎理の雛まつり

華やかに屋敷彩る 人形300点展示 丸森 /宮城

 丸森町の蔵の郷土館「斎理屋敷」で、春の企画展「斎理の雛(ひな)まつり」が開かれている。古今東西の人形約300点を展示し、7代続いた豪商の屋敷を華やかに彩っている。3月31日まで。

 斎理屋敷は江戸時代から昭和初期にかけて繁栄した豪商・斎藤家の旧宅。2棟の邸宅と7棟の蔵があり、表通りに面する店蔵は1848年に建てられた。

 ひな祭りは今年で30回目。居宅の大広間には約300年前に作られたという享保雛や古今雛をはじめ、金銀…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  2. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  3. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  4. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  5. 米大統領杯は137センチ、30キロ トランプ氏から朝乃山へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです