メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やまがた人模様

「結果を出す」が私の使命 社会人野球きらやか銀行監督・村上真さん(38) /山形

 社会人野球きらやか銀行(山形市)で苦難の時代を経験した元主将が、4季ぶりにグラウンドに戻ってきた。新監督としての目標は「都市対抗ベスト8、日本選手権初出場」。社会人の2大大会でチームの歴史を塗り替えることを誓う。

 仙台市出身で、仙台高、東北学院大を経て2002年に山形しあわせ銀行(現きらやか銀行)に入行した。04年秋から3季、主将を務め、部員も増えて体制が整ってきたと感じていたが、殖産銀行と合併した07年にチームは企業登録からクラブチームに変わった。練習時間への配慮があった企業登録時代から一変、フルタイムで働いた後に練習する日々。若手選手は10人ほど辞め、自身も辞めよ…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文722文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. 「反社会的勢力を排除」吉本が異例の「決意表明」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです