メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茗荷祭

今年は豊作?ミョウガ占い 綾部・阿須々伎神社で伝統祭事 「志賀の七不思議」 タケノコは篠田神社で /京都

ミョウガを刈り取る阿須々伎(あすすぎ)神社の四方義規宮司=京都府綾部市金河内町で、行方一男撮影

 今年の稲作をミョウガの生育具合で占う伝統祭事「茗荷(みょうが)祭」が3日、綾部市金河内町の阿須々伎(あすすぎ)神社で営まれた。

 祭事は地元の志賀郷地区に古くから伝わる「志賀の七不思議」の一つ。ミョウガとタケノコから作柄の占いが今も続く。「茗荷祭」は節分の日の2月3日に営まれるのが近年の習わし。タケノコから作柄を占う「筍(たけのこ)祭」は4日午前10時半から同市篠田町の篠…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文468文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 封鎖の私道バリケード撤去命じる仮処分 長崎地裁、管理会社に

  4. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  5. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです