金剛葛城山下一周駅伝

640人、御所駆ける /奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
葛城公園をスタートする選手ら=奈良県御所市で、稲生陽撮影
葛城公園をスタートする選手ら=奈良県御所市で、稲生陽撮影

 第72回金剛葛城山下一周駅伝大会兼第8回県知事杯駅伝大会(奈良陸上競技協会、御所市体育協会主催、毎日新聞奈良支局など後援)が3日、御所市の葛城公園を発着点に開かれた。中学生から社会人までの107チーム、計約640人が7部門に参加。金剛・葛城山を望む起伏が特徴のコース25.5キロ(6区間)を疾走した。頭文字(イニシャル)C(一般1部男子)が1時間17分53秒で連覇を達成。2位は香芝一風会(同)、3位は智弁カレッジ高A(高校男子)だった。【姜弘修、稲生陽】

 開会式では、大会会長の森岡正宏・奈良陸協会長が「難コースだが、日ごろの練習の成果を精いっぱい発揮してほしい」と激励。大会名誉会長の東川裕・御所市長も「それぞれの目的を持って参加していると思う。意義のある一日にしてもらいたい」と各チームの活躍に期待を込め、来賓として村井浩副知事らが駆けつけた。

この記事は有料記事です。

残り1219文字(全文1595文字)

あわせて読みたい

注目の特集