メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

健康寿命日本一へ

奈良県の挑戦/15 野迫川村の歯科医療 口の中から介護予防 /奈良

歯科衛生士とともに毎週、診察に訪れる正田晨夫さんを待つ患者は多い=奈良県野迫川村中の野迫川村国民健康保険診療所で、高村洋一撮影

 歯と歯茎の健康はおいしく物を食べるためには欠かせない。過疎化の進む県南部では近所に歯科医院や病院のない地区が多く、住民の歯科医療と口腔(こうくう)ケアが健康寿命の延伸を達成する課題になっている。和歌山県に接する野迫川村まで車で2時間の山道を通い、手弁当で毎週診察を続ける歯科医がいる。野迫川村国民健康保険診療所で診察中の正田晨夫さん(72)を訪ねた。【高村洋一】

 正田さんは橿原市で歯科医院を経営し、県歯科医師会副会長や災害コーディネーターも務めた。「地域の歯科…

この記事は有料記事です。

残り1370文字(全文1602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  3. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  4. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです