特集

第94回センバツ高校野球

2022年に開催される第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会もライブ配信します。

特集一覧

新生の一歩

智弁和歌山 活躍願い“がぶりっ” 選手に恵方巻差し入れ /和歌山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
恵方巻を頬張る智弁和歌山の選手たち=和歌山市冬野の同校で、砂押健太撮影 拡大
恵方巻を頬張る智弁和歌山の選手たち=和歌山市冬野の同校で、砂押健太撮影

 センバツ出場を決めた智弁和歌山の選手たちに節分の3日、恵方巻が振る舞われた。

 チームが祝勝会などで利用している海南市の料亭「美登利」を営む千賀知起(ともき)さん(53)が選手全員分の計24本を差し入れた。焼き穴子、カニカマなど6種類の具材入りで、選手たちは験を担いで恵方の東北東を向き、無言で頬張った。

 千賀さんは「選手は元々実力を持っているが、恵方巻を食べて邪気を払ってほしい。センバツでは全力を出し切って」とエール。

 池田泰騎投手(1年)は「無言で食べきることに精いっぱいだった」と話し、大林優平投手(1年)は「健康と今年の活躍を祈って食べた」と満足そうだった。【砂押健太】

関連記事

あわせて読みたい