特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

第91回選抜高校野球

野球通じ、地域交流 米東、学童施設などで教室 /鳥取

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
子どもたちと一緒に守備練習する米子東の選手=鳥取県米子市の同校で、園部仁史撮影 拡大
子どもたちと一緒に守備練習する米子東の選手=鳥取県米子市の同校で、園部仁史撮影

 <センバツ2019>

 来月23日に開幕する第91回選抜高校野球大会に出場する米子東は、地域交流の一環として毎月1回以上、地元の小学生と触れあう野球教室を開いている。今月1、3日にも米子市内の学童保育施設や地元少年野球チームに通う子どもたちと野球を通して交流を深めた。【園部仁史】

 「子どもたちに野球の楽しさを知ってもらいたい」という紙本庸由(のぶゆき)監督の思いから、2017年12月から開催。1日に選手が訪れた学童保育施設では、小学1~6年生の男女約20人と一緒に柔らかいボールとバットで野球を楽しみ、会場は笑い声であふれた。森下原光優(みゆ)さん(11)は「みんな優しくて好き。いつも遊んでくれてありがとう」と話し、甲子園には学童の友達みんなで応援に行くつもりだ。

 地元の少年野球チーム約30人を対象にした野球教室は3日に米子東であり、選手が普段している練習を一緒にした。守備練習で難しい送球を見事キャッチした選手は、子どもたちから「すごーい!」と歓声を浴びた。

 福島悠高選手(2年)は「ひたむきにボールを追っていた幼い頃を思い出す。子どもたちから元気をもらっています」と話している。

関連記事

あわせて読みたい