メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長からの手紙

物部神社に馬の銅像 /島根

物部神社の境内に立つパーソロンの銅像=島根県大田市川合町で、岩崎誠撮影

 居酒屋談議で「物部神社(大田市川合町)に競馬で有名な馬の銅像が建ってるよ」と聞き、競馬ファンとして興味を持ちました。ネットで少し調べると、産駒(さんく)に七冠馬「シンボリルドルフ」など中央競馬で活躍した馬を持ち、種牡馬(しゅぼば)として一時代を築いた「パーソロン」の銅像ということです。

 これは行くしかありません。中田宏記宮司に1月下旬にアポをとり、マイカーを走らせました。

 大田の市街地から山地側に車で約10分進んだ地に物部神社がありました。中田宮司の名刺を拝見すると「石見国一宮」と記されており、歴史と伝統がうかがえます。馬像は本殿に向かう参道左手の木陰でひっそりと台座の上に建っていました。

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文887文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 山形市の「初市」 位置情報使い、来場者常時5000人に制限 LINEで通知も

  4. クローズアップ GoToトラベル自粛要請 政府と都、急転決着 押しつけ合いの末

  5. 新型コロナ 全国最多4990人、届かぬ支援 自宅療養、不安だらけ 単身者の食事、買い出し行くしか…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです