メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

中堅メーカーの万年係長…

[PR]

 中堅メーカーの万年係長、八角(やすみ)民夫、50歳。会議で居眠りをするぐうたら社員は「居眠りハッカク」と呼ばれている。公開中の映画「七つの会議」で野村萬斎(まんさい)さん演じる主人公だ▲組織はなぜ腐敗し、その中で個人に何ができるのか。映画のコピーのように「働くことの正義」を自問しながら、自らの生き方を貫いたのがハッカクだった。日産のカルロス・ゴーン前会長の記事を読むにつけ思うのは、日産にもそんな葛藤を抱えた社員がいたのではないかということだ▲平成末期は大手メーカーによる製品データ改ざん問題などが相次ぎ、日本のものづくりの根幹が大きく揺らぐ。コンプライアンス(法令順守)のかけ声も広がるが、不祥事は絶えない。社内規則作りに追われるばかりで「コンプラ疲れ」という言葉さえ聞こえてくる▲「七つの会議」のセリフのように原点に立ち返ることはできるのか。「仕事っちゅうのは金儲(もう)けじゃない。人の助けになることじゃ。(略)そうすりゃあ、金は後からついてくる。客を大事にせん商売は滅びる」▲萬斎さんの主演映画に「のぼうの城」がある。武蔵国・忍城(おしじょう)の城代は戦国時代、「でくのぼう」の意味で「のぼう様」とはやされた。だが実は臣下や農民の人望が厚く、いざとなれば底力を発揮する。「居眠りハッカク」と重なる▲豊臣方2万の軍勢による水攻めに屈せず、数百の兵で挑んだ。いつの世も、人を動かし組織を変えられるのは、自分の利益を顧みず、貫ける正義を持つ人ではないか。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  4. 「幸楽苑」150店舗を当面休業 台風19号が福島・郡山の工場に影響

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです