メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政治資金パーティー

「事実上の献金」に求められる透明化

東京都内のホテルで昨年開かれた政治資金パーティー。 購入者・団体名をどこまで公表すべきかが問われている撮影

 政治資金の出入りは政治資金規正法で公開のルールが決められている。年間5万円を超えると収支報告書に記載が義務づけられる献金と違い、政治資金パーティーの券は1回20万円を超えない限り購入者や団体名を記載する必要がなく、近年、国会議員が資金集めの比重をパーティーに移していると言われることがある。「実質的な献金なのに透明度が低すぎる」との批判もある中、どこまで公開するのが妥当なのかを考えた。【飯田憲、青島顕】

 総務省によると、昨年11月に公開された2017年分(同省提出分)の政治資金収支報告書で、政治団体が開いた政治資金パーティーの収入総額は、77億5500万円。開催したのは343団体で、参院選の資金集めのために増加した前年の16年より26団体減った。

この記事は有料記事です。

残り2035文字(全文2362文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです