メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらくα

現場、再び 損保会社編/上 続く災害、休む暇がない

保険金支払い前に書類を最終確認する三宅信一郎さん(右から3人目)=大阪市中央区で2019年1月24日、梅田麻衣子撮影

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 交通事故や自然災害の時にお世話になる損害保険会社。昨年は風水害が頻発し、その対応は今も続く。損害保険大手「損害保険ジャパン日本興亜」(東京都新宿区)の大阪災害対策本部。西日本保険金サービス部門担当の執行役員、三宅信一郎さん(57)が現場に入った。

3府県支払い11万件

 大阪市中央区のオフィス街にあるビル。ワンフロアぶち抜きの大部屋を大勢のスタッフが慌ただしく行き来する。パソコンを前に、手を耳に当てて電話をかけている。眉間(みけん)にしわを寄せ、大量の資料とにらめっこ。昨年9月の台風21、24号を中心とした火災保険の保険金支払い対応を集中的に行う拠点は、休む暇がないほどだ。

 フリーダイヤルの電話を受けたり、手続きが進んでいない保険加入者にコンタクトを取ったりする電話班。三…

この記事は有料記事です。

残り2360文字(全文2715文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  3. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  4. 所持金は10万円 拳銃に実弾1発発射の痕跡 拳銃強奪
  5. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです