メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校とわたし

落語ざんまい、将来につながった=フリーアナウンサー・牧原俊幸さん

牧原俊幸(まきはら・としゆき)さん

 落語が好きになったのは小学校3、4年生くらいだったと思います。マジックにも興味を持ちました。当時、テレビでは演芸番組が花盛りで、その影響だったと思います。ラジオから流れる落語をせっせと録音して寝る前によく聞いていましたね。とりためたカセットテープは高校のころには数百本に。中でも(五代目)古今亭志ん生のファンで、小遣いをためてLPレコードを買い、擦り切れるほど聴き込みました。

 小4から卒業までの3年間、大学を出たばかりの男の先生が担任になり、先生が当直になった日曜日によく学…

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1028文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  5. 「珍 女性のような男性」 テレビ山口が番組で性的少数者に差別表現

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです