メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校とわたし

落語ざんまい、将来につながった=フリーアナウンサー・牧原俊幸さん

牧原俊幸(まきはら・としゆき)さん

 落語が好きになったのは小学校3、4年生くらいだったと思います。マジックにも興味を持ちました。当時、テレビでは演芸番組が花盛りで、その影響だったと思います。ラジオから流れる落語をせっせと録音して寝る前によく聞いていましたね。とりためたカセットテープは高校のころには数百本に。中でも(五代目)古今亭志ん生のファンで、小遣いをためてLPレコードを買い、擦り切れるほど聴き込みました。

 小4から卒業までの3年間、大学を出たばかりの男の先生が担任になり、先生が当直になった日曜日によく学…

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1028文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  2. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  3. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  4. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  5. トランプ大統領「貿易交渉で大きな進展」 ゴルフ・昼食時に首相と協議か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです