メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

子どもの気持ち 反貧困学習の西成高校/1 自分の状況を知る

学校では山田勝治校長と生徒らが楽しそうに談笑していた=大阪市の西成高校で

 <kyoiku no mado>

 大阪市西成区は、日雇い労働者の街として知られるあいりん地区があり、生活保護受給率も高い。貧困は身近で深刻な課題だ。「そもそも貧困って何だろう」。大阪府立西成高校で昨年9月、そんな教師の問いかけで2年生の授業が始まった。「親の収入が少ない」「必要な物が買えない」--など間を置かず、グループ別になった生徒たちからは次々と声が上がり、内容を模造紙に付箋ではりつけていく。

 1974年開校で、約560人の生徒が学ぶ。教室や廊下は楽しげな会話であふれ、明るい雰囲気だ。だが、…

この記事は有料記事です。

残り851文字(全文1102文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです