メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外習近平氏、6月訪日の意向表明 国家主席就任後初
Dr.北村が語る現代思春期

HPVワクチン接種 「自分で調べて決断」に期待

 若い女性に多く発症し、国内で毎年約9000人が診断され、約2000人から3000人が死亡する病気。いわずとしれた子宮頸(けい)がんです。原因がヒトパピローマウイルス(HPV)の感染によるものであることは広く知られており、仮に1万人の女性が性交を経験すると8000人ほどが感染。何らかの理由で感染が持続すると、感染者の1~6%ほどが前がん期を、感染者の0・1%程度が発がん期を迎え、その結果、子宮を摘出する、放射線療法、化学療法などを受けることになります。

 HPVが感染要因であることがはっきりしている以上、ワクチン接種が子宮頸がんの第1次予防になります。…

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文1062文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです