メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Dr.北村が語る現代思春期

HPVワクチン接種 「自分で調べて決断」に期待

 若い女性に多く発症し、国内で毎年約9000人が診断され、約2000人から3000人が死亡する病気。いわずとしれた子宮頸(けい)がんです。原因がヒトパピローマウイルス(HPV)の感染によるものであることは広く知られており、仮に1万人の女性が性交を経験すると8000人ほどが感染。何らかの理由で感染が持続すると、感染者の1~6%ほどが前がん期を、感染者の0・1%程度が発がん期を迎え、その結果、子宮を摘出する、放射線療法、化学療法などを受けることになります。

 HPVが感染要因であることがはっきりしている以上、ワクチン接種が子宮頸がんの第1次予防になります。…

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文1062文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです