メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

別府大分毎日マラソン

二岡、日本人最高4位 3人、MGC出場権

日本人首位となる4位でフィニッシュする二岡=野田武撮影

 2020年東京五輪の代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の男子出場権が懸かった第68回別府大分毎日マラソン大会(毎日新聞社など主催)が3日、大分市の高崎山・うみたまご前をスタートして大分市営陸上競技場でフィニッシュする42・195キロのコースで開かれ、日本初マラソンのヒシャム・ラクーアヒ(モロッコ)が2時間8分35秒で初優勝した。

 日本人トップは2時間9分15秒で4位に入った二岡(ふたおか)康平(中電工)。5位・橋本崚(GMO)…

この記事は有料記事です。

残り4023文字(全文4251文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 比例代表、れいわ2人目当選 重度身障者の木村さん
  4. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです