特集

別府大分毎日マラソン

第69回別府大分毎日マラソン大会は2月2日正午、大分市の高崎山・うみたまご前をスタートし、別府市の亀川漁港前で折り返し、大分市営陸上競技場にフィニッシュする日本陸連公認コースで開催される。

特集一覧

別府大分毎日マラソン

二岡、日本人最高4位 3人、MGC出場権

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本人首位となる4位でフィニッシュする二岡=野田武撮影
日本人首位となる4位でフィニッシュする二岡=野田武撮影

 2020年東京五輪の代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の男子出場権が懸かった第68回別府大分毎日マラソン大会(毎日新聞社など主催)が3日、大分市の高崎山・うみたまご前をスタートして大分市営陸上競技場でフィニッシュする42・195キロのコースで開かれ、日本初マラソンのヒシャム・ラクーアヒ(モロッコ)が2時間8分35秒で初優勝した。

 日本人トップは2時間9分15秒で4位に入った二岡(ふたおか)康平(中電工)。5位・橋本崚(GMO)、6位・岩田勇治(MHPS)も2時間10分を切り、二岡とともに9月に開かれるMGCの出場権を獲得し、獲得者は計24人となった。昨年2位の園田隼(黒崎播磨)は8位、2連覇を狙ったデスモンド・モクゴブ(南アフリカ)は9位に終わった。

この記事は有料記事です。

残り3909文字(全文4251文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集