メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書クライシス

辺野古移設 鳩山氏「埋め立て回避を」 「県外」断念時、記す

鳩山由紀夫元首相

 鳩山由紀夫元首相が退任後も保有していた文書に、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関して自身が作成した文書が残されていた。自ら掲げた「県外移設」が困難になる中、環境に配慮しようと最後まで埋め立てを回避しようとしていたことがうかがえる。名護市辺野古では昨年12月から埋め立て工事が進み、今月24日には移設の賛否を問う県民投票が実施される。沖縄の基地問題や公文書管理に詳しい専門家は「当時の首相の考えが分かる貴重な文書だ。埋め立て案について改めて考えるきっかけにもなる」と指摘する。【松本惇、大場弘行】

 文書はA4判2枚で、鳩山氏が「最低でも県外」との約束を事実上撤回し、県内移設への理解を得ようと2010年5月4日に沖縄を訪問した際に持参したファイルに残っていた。鳩山氏によると、自らパソコンで作成したもので、「普天間飛行場移設問題」と題し、7項目が列挙されている。

この記事は有料記事です。

残り1455文字(全文1843文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです