メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

さざえ飯 福岡県久留米市・豊福美佐子(自営業・69歳)

 最後の海になった春の日だった。主人の右足が不自由になり、歩行困難となった。二人とも海が好きで私の運転で近場の海に連れていった。

 昼時、さざえ飯の旗を見つけて2パック買い、海を見ながら食べた。無心に食べていた。

 ドライブに行っても食堂で食べずにお弁当を買い、見晴らしの良い所で食べる。二人ともロマンチックだった。

 おかずの入っていない、サザエとショウガの炊き込みご飯だったが、格別の味だった。「また来ます」と店主…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです