メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

別府大分毎日マラソン

二岡、五輪へ名乗り 橋本、岩田も挑戦権(その2止)

最後まで競り合い、自己ベスト9分台

進化に自信

 31歳の岩田は、元日のニューイヤー駅伝から続く好調ぶりを見せ、自己ベストを3分近く更新した。

 32キロ過ぎで先頭集団から離れたが、橋本と2人で「一緒にMGCを取ろう」と言葉を交わし、交互に引っ張り合う形に。41キロ付近で橋本を突き放して競技場に戻ったものの、フィニッシュ目前で抜かれて「詰めが甘い」と苦笑いした。

 入社13年目。結果が出ず、「次の大会で駄目なら(競技生活を)終わろう」と何度も考えた。昨年11月の…

この記事は有料記事です。

残り1405文字(全文1634文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです