特集

検証・安倍政権

7年8カ月余りにわたった第2次安倍晋三政権が幕を閉じました。数々の疑惑、課題が残されたままです。

特集一覧

公文書クライシス

鳩山氏「埋め立て回避」 「県外移設」断念時、思い記す 24日県民投票

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 鳩山由紀夫元首相が退任後も保有していた文書に、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関して自身が作成した文書が残されていた。自ら掲げた「県外移設」が困難になる中、環境に配慮しようと最後まで埋め立てを回避しようとしていたことがうかがえる。今月24日には移設の賛否を問う県民投票が実施される。沖縄の基地問題や公文書管理に詳しい専門家は「当時の首相の考えが分かる貴重な文書だ」と指摘する。【松本惇、大場弘行】

 文書はA4判2枚で、鳩山氏が「最低でも県外」との約束を事実上撤回し、県内移設への理解を得ようと2010年5月4日に沖縄を訪問した際に持参したファイルに残っていた。鳩山氏によると、自らパソコンで作成したもので、「普天間飛行場移設問題」と題し、7項目が列挙されている。

この記事は有料記事です。

残り1420文字(全文1759文字)

【検証・安倍政権】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集