メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書クライシス

鳩山氏「埋め立て回避」 「県外移設」断念時、思い記す 24日県民投票

 鳩山由紀夫元首相が退任後も保有していた文書に、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関して自身が作成した文書が残されていた。自ら掲げた「県外移設」が困難になる中、環境に配慮しようと最後まで埋め立てを回避しようとしていたことがうかがえる。今月24日には移設の賛否を問う県民投票が実施される。沖縄の基地問題や公文書管理に詳しい専門家は「当時の首相の考えが分かる貴重な文書だ」と指摘する。【松本惇、大場弘行】

 文書はA4判2枚で、鳩山氏が「最低でも県外」との約束を事実上撤回し、県内移設への理解を得ようと20…

この記事は有料記事です。

残り1503文字(全文1759文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  2. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  3. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  4. 漁船内に覚醒剤600キロ 昨年押収量の半分に匹敵 所持容疑で11人逮捕 熊本・天草

  5. 石川、五輪代表へ 平野にポイント差で 卓球グランドファイナル

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです