メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

真・中華一番!

90年代の人気料理マンガがアニメ化

アニメ「真・中華一番!」のティザービジュアル(C)小川悦司・講談社/「真・中華一番!」製作委員会

 1990年代を中心に人気を集めた小川悦司さんの人気料理マンガ「中華一番!」シリーズの「真・中華一番!」がアニメ化されることが4日、明らかになった。「護くんに女神の祝福を!」「レディ ジュエルペット」などの川崎逸朗さんが監督、シリーズ構成を務める。

 「中華一番!」は、1995年に「週刊少年マガジン」(講談社)で連載がスタート。その後、「真・中華一番!」とタイトルを変えて99年まで連載された。19世紀・清朝末期の中国を舞台に驚異的な味覚を持つリュウ・マオシン(マオ)が料理対決を繰り広げる姿が描かれた。97~98年にテレビアニメも放送された。講談社のマンガアプリ「マガジンポケット」で新章「中華一番!極(きわみ)」が連載中。

スタッフ(敬称略)

 監督・シリーズ構成:川崎逸朗▽キャラクターデザイン:長谷川早紀▽アニメーション制作協力:Production I.G▽アニメーション制作・制作:NAS

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです