メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

3年A組

“恋する乙女”富田望生の「ビースト」“超解釈”に「最高」「無敵だ」の声

連続ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」第5話の一場面=日本テレビ提供

 俳優の菅田将暉さん主演の連続ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第5話が3日に放送された。同話では、女優の富田望生(みう)さん演じる生徒・魚住華が思いを寄せる須永賢(古川毅さん)に頼まれ、“怪力女子”ぶりを発揮する姿が描かれ、SNSでは「恋する乙女で可愛い」「須永君のために張り切る華ちゃん可愛すぎ」「富田望生ちゃんいいキャラ。ほんと好き」といったコメントが並んだ。

 同話では、怪力を見せた華に須永が「ビーストだな、お前」と声をかけるシーンがあり、華は「ビースト」を「ビューティーの最上級」と“解釈”。そんな姿にSNSでは「ビーストの意味を最大限に取り違える……w」「ビューティーの最上級がビーストって最高の解釈」「あまりにも幸せな思考」「最強にポジティブ。無敵だ!」といった声も見られた。

 ドラマは、2年前にある高校に赴任してきた3年A組の担任教師の柊一颯が、10日後に卒業を控えるA組の生徒を人質にとり「最後の授業」を行うという学園ミステリー。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです