メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

統計不正問題 政府参考人巡り与野党の攻防激化

衆院予算委員会で立って挙手する立憲民主党の長妻昭代表代行(左)の質問に答える根本匠厚生労働相(右)=国会内で2019年2月4日午後1時54分、川田雅浩撮影

 4日の衆院予算委員会では、厚生労働省の毎月勤労統計の不正問題に対応していた官僚が1日に更迭されたことを受け、同委への出席を認めないとする与党に野党が猛反発した。また「第三者」として調査を担当した特別監察委員会の委員長が予算委に出席したが、調査内容について「答弁は差し控える」と連発。野党側は「証言隠しだ」などと批判し、参考人招致や証人喚問を要求する構えだ。【小田中大】

 担当官僚の大西康之・前政策統括官は1日に大臣官房付となった。一方、4日の予算委で野党から質問に立っ…

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  2. 75歳以上の医療費負担 2割に引き上げ 政府検討

  3. 梅宮辰夫 「やすらぎの刻」で石坂浩二の亡き父役 倉本聰作品に12年ぶり出演

  4. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  5. 日韓 日韓 感情的な連鎖断ち切る「蒸し返し」はダメ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです