メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野菜収穫ロボ、5月から始動 佐賀・鹿島に供給拠点

拠点オープン時に披露したロボットのデモンストレーションには、通りかかった市民も興味津々で見ていた=佐賀県鹿島市で、池田美欧撮影

 ビニールハウスでの野菜収穫ロボットを開発するベンチャー企業「inaho」(神奈川県)が、佐賀県鹿島市に拠点を開設した。ロボットの提供を5月にアスパラガス農家、7月にキュウリ農家に始める予定。供給拠点を設けるのは初めてで、2022年までに九州全県で24カ所に開設する目標を掲げている。

 同社は、収穫作業の負担を減らしつつ、農業の人手不足の解消を目指して17年からロボットの開発に取り組んでいる。昨年10月には太良町のアスパラガス農家で実証実験をし、収穫可能な作物を選別するセンサーの動きなどを確認。実用化のめどが立ち、拠点「鹿島オフィス」の開設に至った。

 ロボットは無料で貸し出し、収穫高の15パーセントを代金として受け取る。故障した時にすぐに代替機を届けられるよう、提供先は拠点から車で30分圏内の農家に限る。

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文918文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 永和商事ウイング快勝 スクールパートナーは敗退 都市対抗東海2次

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです