「暴行止めず共謀」母を傷害容疑で逮捕 千葉の女児虐待死

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
暴行事件のあったマンション=千葉県野田市で2019年1月26日、信田真由美撮影
暴行事件のあったマンション=千葉県野田市で2019年1月26日、信田真由美撮影

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡した事件で、県警は4日、傷害容疑で逮捕した父勇一郎容疑者(41)の暴行を制止しなかった共謀にあたるとして、同じ容疑で母親のなぎさ容疑者(31)を逮捕した。捜査関係者が取材に明らかにした。

 捜査関係者によると、勇一郎容疑者は1月24日午前10時~午後11時20分ごろ、自宅で心愛さんに冷水のシャワーをかけたり、首付近を両手でわしづかみにしたりしてけがをさせたとして翌25日に逮捕された。なぎさ容疑者は暴行当時、自宅にいながら、勇一郎容疑者が暴行するのを止めなかったという。

 一方、なぎさ容疑者は勇一郎容疑者からドメスティックバイオレンス(DV)を受けていたことが判明している。一家が野田市に転居する前に暮らしていた沖縄県糸満市には、なぎさ容疑者の親族から「勇一郎容疑者からDVを受けている」との情報が寄せられていた。また、心愛さんを一時保護した際には、千葉県柏児童相談所に、なぎさ容疑者が「今もDVを受けている」と打ち明けていた。

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文837文字)

あわせて読みたい

注目の特集