メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雪像崩れて下敷き、作業員1人死亡1人けが 十日町雪まつり予定地

雪まつりの開催予定地で崩れ落ちた雪の塊=新潟県十日町市学校町で2019年2月4日午後3時50分、板鼻幸雄撮影

 4日午後1時40分ごろ、新潟県十日町市の「十日町雪まつり」開催予定地で、制作途中の雪像が崩れ、作業員2人が下敷きになった。同僚らが救出したが、同市妻有町西3の渡辺安男さん(70)が死亡、市内の40代男性は軽いけが。

 県警などによると、15日から始まる雪まつりに向け、作業員二十数人が会場の設営準備に従事。2人は地元で出土した縄文土器をイメージした雪像を作るため、高さ10メートルの雪の塊…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無資格の施設長が医療行為の胃ろう処置 神戸の特養老人ホーム 人手不足で

  2. 近鉄南大阪線で電車の窓ガラス破損相次ぐ 原因不明

  3. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  5. 東京都 新たな感染者195人 2日連続で100人超える 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです