男性カップル婚姻届を不受理、香川・三豊市 「違憲」と14日提訴へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
婚姻届の受理を求める田中昭全さん(左)と川田有希さん(左から2人目)=香川県三豊市役所で2019年2月4日、小川和久撮影
婚姻届の受理を求める田中昭全さん(左)と川田有希さん(左から2人目)=香川県三豊市役所で2019年2月4日、小川和久撮影

 香川県三豊市に住む同性カップルの男性二人が4日、市役所を訪れ、婚姻届を提出しようとしたが、市側は「国の定める関係法令に基づき、男性同士の婚姻届は受理できない」と説明し、不受理とした。二人は同性カップルの婚姻が認められない現状について、「法の下の平等」を定めた憲法14条に反するなどとして、近畿地方在住の同性カップル2組と今月14日、国に慰謝料を求めて大阪地裁へ提訴する方針。

 市役所を訪れたのは、会社員の田中昭全(あきよし)さん(41)とパート従業員の川田有希さん(33)。市内で11年間一緒に暮らすが、健康保険や遺産相続など今後の生活で生じる問題を考慮し、法律上のパートナーとなることを望んでいる。

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文561文字)

あわせて読みたい

注目の特集