メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

細田守監督

「未来のミライ」アニー賞 アカデミー賞に弾み(スポニチ)

 「アニメ界のアカデミー賞」と呼ばれる第46回アニー賞の発表・授賞式が2日夜、米ロサンゼルスで開かれ、細田守監督(51)の「未来のミライ」が長編インディペンデント作品賞を受賞した。

     4歳男児の成長を描くファンタジー。作品で使われた山下達郎(66)の曲が使われる中、授賞式の舞台に上がった細田監督は「この作品は僕の子供がモデル。小さい子供と過ごすことは何て素晴らしいんだと思って映画にした」と笑顔で話し、家族やスタッフに感謝の言葉を述べた。

     長編インディペンデント作品賞は、米国で公開した映画館が1000館未満の作品が対象。2016年から表彰され、日本人監督作品の受賞は初めて。西見祥示郎監督(54)の「ムタフカズ」も候補だったが、受賞を逃した。

     最も注目される長編作品賞は米国の「スパイダーマン スパイダーバース」(日本公開は3月8日)が受賞。同作は監督賞、脚本賞など、計7部門で受賞を果たした。「未来のミライ」は24日(日本時間25日)に発表されるアカデミー賞でも長編アニメーション賞にノミネートされている。日本作品では03年の「千と千尋の神隠し」以来となる受賞に弾みがつきそうだ。(スポニチ)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
    2. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 交番襲撃
    3. 逮捕の男、名前以外黙秘 山中の防犯カメラに似た姿 ベンチで横たわる 交番襲撃 
    4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
    5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです