メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

不便なだけじゃなく性能悪化も! クルマのローダウンのメリット・デメリットとは

情報提供:カートップ

不便なだけじゃなく性能悪化も! クルマのローダウンのメリット・デメリットとは

最低地上高は9センチが見た目と実用面でのバランスが良い

 どういうわけだか、むかしからクルマ好きの人間には、「ロー&ワイドなボディ+ぶっといタイヤ=カッコいい」という公式が刷り込まれてしまっている。こうした価値観からすると、車高を下げるのは、手っ取り早く愛車をカッコよく見せる手段になるので、見た目から入りたい人は、とりあえず車高を落として、ホイールを交換というのがドレスアップの定番だ。

車高

 保安基準では、最低地上高=9センチ以上という定めがあるが、これはなかなかいい数字。スポーティモデルなら、ノーマル車高から前後ともに30ミリぐらいダウンすると、ちょっと余裕を持って保安基準をクリアでき、なかなか見た目もカッコよくなる。コンビニやファミレスの駐車場などに入る際も、最低地上高が9センチぐらいあれば、あまり下を擦る心配もないので実用的。

車高

 ちなみに、保安基準では「ボディを含む構造物以外の、可動する部位」は最低地上高の対象に含まれないことになっていて、灯火類のついていないエアロパーツもそれに該当するので最低地上高は、9センチ以下になっても一応OK。なかには、コンビニに入るときにも気を使うほど、エアロが低いところについているクルマもいるが……。そこまで低いクルマは、「利便性<スタイリング=気合いが入っている」ということをアピールし、認知してもらえるメリットがあるのかもしれない。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」
  4. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです