メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

野放しのネット空間 匿名ヘイトスピーチと戦うには 侮辱罪適用ハードル高く「法整備急げ」

在日コリアンの少年が受けたヘイトスピーチについて、記者会見で説明する弁護団=東京都千代田区で2019年1月16日、井田純撮影

 総合病院や有名企業、歴史のある寺が1月下旬、ホームページに謝罪文を相次ぎ掲載した。勤務・所属する人物によるインターネットでのヘイトスピーチ(差別扇動表現)に関するものだった。いずれも匿名の発信者が特定された事例だが、この何万倍ものケースが事実上野放しになっている。【井田純】

 「病院としての指導が足りなかったと認めざるを得ません」。埼玉県済生会川口総合病院(埼玉県川口市)に勤務する男性麻酔科医が、ツイッターでヘイトスピーチを投稿していたことについて、管理部門の担当者はこう語った。この医師は匿名アカウントを使って「反日野郎は死んでしまえ」「韓国は犬」などと繰り返し書き込んでいた。

 アカウントのプロフィルに「麻酔科医」と記していたことから、ツイートを見た人が、「施術の際に何されるか」と懸念を伝えると、「されないようにね」と返信。さらに別の人がコリアン差別の恐怖を表明すると、医師は「もはや精神病のレベルですね。可哀想に。措置入院をおすすめします」などとツイートした。

この記事は有料記事です。

残り2396文字(全文2832文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  3. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  4. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです