メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

野放しのネット空間 匿名ヘイトスピーチと戦うには 侮辱罪適用ハードル高く「法整備急げ」

在日コリアンの少年が受けたヘイトスピーチについて、記者会見で説明する弁護団=東京都千代田区で2019年1月16日、井田純撮影

 総合病院や有名企業、歴史のある寺が1月下旬、ホームページに謝罪文を相次ぎ掲載した。勤務・所属する人物によるインターネットでのヘイトスピーチ(差別扇動表現)に関するものだった。いずれも匿名の発信者が特定された事例だが、この何万倍ものケースが事実上野放しになっている。【井田純】

 「病院としての指導が足りなかったと認めざるを得ません」。埼玉県済生会川口総合病院(埼玉県川口市)に勤務する男性麻酔科医が、ツイッターでヘイトスピーチを投稿していたことについて、管理部門の担当者はこう語った。この医師は匿名アカウントを使って「反日野郎は死んでしまえ」「韓国は犬」などと繰り返し書き込んでいた。

 アカウントのプロフィルに「麻酔科医」と記していたことから、ツイートを見た人が、「施術の際に何される…

この記事は有料記事です。

残り2490文字(全文2832文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  5. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです