メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

野放しのネット空間 匿名ヘイトスピーチと戦うには 侮辱罪適用ハードル高く「法整備急げ」

在日コリアンの少年が受けたヘイトスピーチについて、記者会見で説明する弁護団=東京都千代田区で2019年1月16日、井田純撮影

 総合病院や有名企業、歴史のある寺が1月下旬、ホームページに謝罪文を相次ぎ掲載した。勤務・所属する人物によるインターネットでのヘイトスピーチ(差別扇動表現)に関するものだった。いずれも匿名の発信者が特定された事例だが、この何万倍ものケースが事実上野放しになっている。【井田純】

 「病院としての指導が足りなかったと認めざるを得ません」。埼玉県済生会川口総合病院(埼玉県川口市)に勤務する男性麻酔科医が、ツイッターでヘイトスピーチを投稿していたことについて、管理部門の担当者はこう語った。この医師は匿名アカウントを使って「反日野郎は死んでしまえ」「韓国は犬」などと繰り返し書き込んでいた。

 アカウントのプロフィルに「麻酔科医」と記していたことから、ツイートを見た人が、「施術の際に何される…

この記事は有料記事です。

残り2490文字(全文2832文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  4. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  5. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです