メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 中江有里さん 「浄化」の祈りを込めて

中江有里著「残りものには、過去がある」

 ■残りものには、過去がある 中江有里(なかえ・ゆり)さん 新潮社・1620円

 女優で作家の著者は、脚本、書評など幅広い執筆活動で知られる。今回は連作短編小説集に挑んだ。一組の新郎新婦の披露宴を舞台に、訪れた人々の過去や心理を解き明かしていく群像劇だ。「人と人との関係にずっと興味がある。より良い関係のあり方を考えたかった」と話す。

 描かれるのは、中年の新郎・伊勢田友之と、若く美しい新婦・鈴本早紀の披露宴だ。そこに「レンタル友達」…

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文895文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  4. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  5. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです