メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
読書日記

著者のことば 中江有里さん 「浄化」の祈りを込めて

中江有里著「残りものには、過去がある」

 ■残りものには、過去がある 中江有里(なかえ・ゆり)さん 新潮社・1620円

 女優で作家の著者は、脚本、書評など幅広い執筆活動で知られる。今回は連作短編小説集に挑んだ。一組の新郎新婦の披露宴を舞台に、訪れた人々の過去や心理を解き明かしていく群像劇だ。「人と人との関係にずっと興味がある。より良い関係のあり方を考えたかった」と話す。

 描かれるのは、中年の新郎・伊勢田友之と、若く美しい新婦・鈴本早紀の披露宴だ。そこに「レンタル友達」…

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文895文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 神奈川県立湘南高/2 自由な校風、観察眼培う 国際政治学者・三浦瑠麗さん /東京

  2. 河野外相が韓国内の日本製品不買運動に懸念表明

  3. 鳥取県がドラレコ購入に助成 あおり運転など抑止狙い 1台3000円補助 

  4. 大阪万博へ2025本の桜を植樹 府内各地に21年度から

  5. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです