メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

創刊30周年 作家・朝井リョウさんに聞く 平成生まれ、時代映し続け

著書や作家生活について語る朝井さん=東京都内で

 大学生がつくる「キャンパる」は、平成元(1989)年2月に「創刊」され、今年で30周年を迎えた。今回はそれを記念し、5年前に「会いたい人」で登場した作家、朝井リョウさん(29)にもう一度インタビューをお願いした。早稲田大学在学中にデビューし、「平成生まれ初の直木賞受賞作家」として取り上げられることも多い朝井さん。作家生活10周年を来年に控え、環境や心境はどのように変化したのかを聞いた。【早稲田大・木村由布花】

 19歳、大学2年のときに「桐島、部活やめるってよ」で第22回小説すばる新人賞を受賞してデビュー。高校生の「スクールカースト」が描写されたこの作品は、時代を反映する作品として、新聞などにも多く引用された。しかし本人にそのつもりはなく「クラスの中の階層みたいなものを書かないのは、食事のシーンを一切書かないくらい不自然なことに思えた」という。若者世代が自然に書いたことが、上の世代には新鮮に映る。それが…

この記事は有料記事です。

残り1783文字(全文2190文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです