メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

創刊30周年 多様な大学生が取材に奮闘

個性豊かな仲間が集まるキャンパる。写真は昨年12月に行われたキャップ交代式=毎日新聞東京本社で

 今月「創刊」30周年を迎えたキャンパる。今春大学を卒業するとともに、キャンパるを卒業する記者が、キャンパるの魅力を紹介したい。

 1989(平成元)年2月、毎日新聞夕刊(東京本社版)で掲載が始まった。当初は毎週土曜日、その後、金曜日となり現在は毎週火曜日の夕刊に掲載されている。編集部は、毎日新聞の編集委員である編集長と首都圏を中心にいろんな大学に通う約30人の学生記者で構成されている。

 記事のテーマは大学に関することや大学生が関心があること。記者もキャンパるに在籍して以来、大学のバレ…

この記事は有料記事です。

残り870文字(全文1114文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです