メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

創刊30周年 多様な大学生が取材に奮闘

個性豊かな仲間が集まるキャンパる。写真は昨年12月に行われたキャップ交代式=毎日新聞東京本社で

 今月「創刊」30周年を迎えたキャンパる。今春大学を卒業するとともに、キャンパるを卒業する記者が、キャンパるの魅力を紹介したい。

 1989(平成元)年2月、毎日新聞夕刊(東京本社版)で掲載が始まった。当初は毎週土曜日、その後、金曜日となり現在は毎週火曜日の夕刊に掲載されている。編集部は、毎日新聞の編集委員である編集長と首都圏を中心にいろんな大学に通う約30人の学生記者で構成されている。

 記事のテーマは大学に関することや大学生が関心があること。記者もキャンパるに在籍して以来、大学のバレ…

この記事は有料記事です。

残り870文字(全文1114文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです