メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人観光客

仏も悩むマナー違反 飲酒・スケボー・像の足裏にガム 福岡の寺、注意効かず規制検討

釈迦涅槃像の前には、禁止事項を示すプレートが置かれている=福岡県篠栗町で、宗岡敬介撮影

 ブロンズ製の涅槃(ねはん)像としては世界最大級とされる釈迦(しゃか)涅槃像で知られる福岡県篠栗(ささぐり)町の南蔵院が、外国人観光客のマナー違反に頭を抱えている。12カ国語の張り紙で注意を呼びかけてきたが改善されず、立ち入り規制エリアの設置も検討している。一方、春節(5日)の長期休暇に合わせ、中国では国営メディアが海外旅行時のマナー順守を国民に呼びかけている。【宗岡敬介、田中韻】

 「ここは大切な祈りの場所です」。篠栗四国霊場総本寺である南蔵院には、注意事項を書いた張り紙や看板が置かれている。「ねぼとけさん」の愛称で親しまれる全長41メートル、高さ11メートルの釈迦涅槃像があり、約5年前から外国人観光客が多く足を運ぶようになった。

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文912文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 自称・平成のルパン…令和に逮捕 事務所荒らし疑い 「自分も大物になった」

  3. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  4. ドコモ新料金プラン「ahamo」 菅政権の逆鱗に触れぬよう練り上げた戦略とは

  5. 大音量で軍歌流し、競走馬の調教妨害疑い 政治団体代表ら逮捕 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです