メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人観光客

仏も悩むマナー違反 飲酒・スケボー・像の足裏にガム 福岡の寺、注意効かず規制検討

釈迦涅槃像の前には、禁止事項を示すプレートが置かれている=福岡県篠栗町で、宗岡敬介撮影

 ブロンズ製の涅槃(ねはん)像としては世界最大級とされる釈迦(しゃか)涅槃像で知られる福岡県篠栗(ささぐり)町の南蔵院が、外国人観光客のマナー違反に頭を抱えている。12カ国語の張り紙で注意を呼びかけてきたが改善されず、立ち入り規制エリアの設置も検討している。一方、春節(5日)の長期休暇に合わせ、中国では国営メディアが海外旅行時のマナー順守を国民に呼びかけている。【宗岡敬介、田中韻】

 「ここは大切な祈りの場所です」。篠栗四国霊場総本寺である南蔵院には、注意事項を書いた張り紙や看板が置かれている。「ねぼとけさん」の愛称で親しまれる全長41メートル、高さ11メートルの釈迦涅槃像があり、約5年前から外国人観光客が多く足を運ぶようになった。

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文912文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲・塩村文夏議員の看板壊される 世田谷の事務所、郵便受けも被害

  2. ブラジルの感染者、50万人超え 1カ月足らずで5倍 死者3万人に迫る

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 老舗漬物店「丸八やたら漬」廃業へ 5月末で 観光客の減少響く 山形

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです