メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美食地質学入門

第11講 キンメダイ 怖いけど…母なる南海トラフ

(手前右から時計回りに)キンメダイの煮こごり、酒盗焼き、煮付け=大阪市阿倍野区の「エコール 辻 大阪」で、加古信志撮影

 キンメダイは、第8講で取り上げたアマダイと同じく、タイと付いているがタイとは別物。関西でなじみの深いアマダイとは逆で、キンメダイは関東でよく食べられていたが、近年は関西でも真っ赤っかの姿を見かけることが多くなった。

 日本料理の大引伸昭先生は、室戸まで取材に出向いたそうだ。

大引「仲卸さんに聞くと、元々はあんな真っ赤じゃなくて、腹は白っぽく背はほんのり赤い。揚がって40分もすると、真っ赤になるそうです」

 そう聞いたマグマ学者の巽好幸先生が「死後硬直やね」と漏らす。この魚のポイントは生息場所だ。

この記事は有料記事です。

残り2326文字(全文2574文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです